> >

水栓の種類について

水栓の種類について

 

水栓にはいくつかの種類があります。

水回りのトラブルがおきた時に備えて、自宅の中にある水栓の種類と止水栓の場所と止め方を確認しておきましょう。

 

水栓の種類は単水栓、2ハンドル混合栓、シングルレバー混合栓、サーモスタット混合栓

単水栓は水、またはお湯だけを出す水栓です。

ハンドルの下にはカバーナット、水栓ハンドル内パッキン、スピンドル、ケレッブという部品が付いていて、ハンドルを左に回すとスピンドルが上がるので水が流れだし、右に回すとスピンドルが下がるのでケレッブが弁座に押しつけられて水がとまります。

2ハンドル混合栓は一つの蛇口と2つのハンドルが付いているタイプの水栓で、片方の蛇口からは水、片方の蛇口からはお湯が出るので、両方を操作して湯水を混合して温度を調整することができます。

2ハンドル混合栓の内部の仕組みは単水栓と同じです。

シングルレバー混合栓は、ハンドルを左右に動かして、水とお湯を切り替え、上下に動かして水量を調節するタイプの水栓です。

サーモスタット混合栓は、自動温度調節機 能付の水栓なので、2ハンドル混合栓のように水とお湯の量を調節して温度を調整することはできません。

設定した温度に合わせた湯温のお湯が出てきます。

 

止水栓と水道の元栓の閉め方と場所

水漏れがおきた時に自分で修理する場合には、修理中に水が溢れだしたりすることを避ける為に、まず止水栓、又は水道の元栓を止めましょう。

止水栓は、お風呂やトイレの水が溢れだして止まらなくなった時や、水量を調節したい時に、目的の器具だけの水を止めることができる栓です。

止水栓は、シングルレバー混合栓を使っているキッチンや洗面所の流しの下、壁付サーモスタット混合栓と壁の間にある脚部、トイレと配水管を結ぶタンクへの給水管についていて、マイナスドライバーで右に回すと閉まります。

単水栓や一部の2ハンドル混合栓を使用している場合は、止水栓が付いていないことがあります。

このような場合には、敷地内にある水道の元栓を止める必要があります。

水道の元栓を締めると、家中の水道が止まってしまいますので、注意が必要です。

戸建ての場合は、水道メーターの傍にあります。

地面についている蓋を開けて中にあるハンドルを右に回すと水が止まります。

マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、玄関横のパイプシャフトの中にあります。

 

まとめ

水漏れトラブルがおこった時には慌てず、まず止水栓か水道の元栓を止めて、応急処置をする必要がありますので、普段から水栓の種類や止水栓や水道の元栓の位置を確認しておきましょう。

水栓の種類は単水栓、2ハンドル混合栓、シングルレバー混合栓、サーモスタット混合栓があり、それぞれ構造や水を止める方法が違いますので、水のトラブルに備えて普段から水栓の種類や止水栓や水道の元栓の位置を確認しておくことが大切です。

東京23区で便利屋をお探しなら!