> >

相談、悩み事も便利屋へ

744673f78fd7fa858750ece9204a2956_s

 

現代は多くの人が日々の生活の中で心理的な圧迫を受けています。

仕事上のトラブル、周囲の人達とのコミュニケーションといったような社会的な圧迫、騒音、大気汚染、密集した住宅事情などの環境的な圧迫などから、ストレスを溜めこんでしまいやすい状態だからです。

ストレスを溜めすぎない為には、悩み事を解決する為人と話すことがとても大切です。

 

ディスチミア親和型など新しく増えてきたうつ病の種類

人間は誰でも、仕事に行き詰ったり、人間関係のトラブルがおこったりすると気分が落ち込んでしまい、やる気が衰えてしまうことがありますが、人と話して気持ちを転換させたり、好きな音楽を聞いてゆったりした気分になったりすることで、落ち込んだ気分を徐々に前向きな気持ちに変えていくことができます。

けれども、このような気分を解決することができず引きずってしまうと、憂鬱な気分や倦怠感から抜け出られなくなってしまい、うつ病を発症してしまうことがあります。

この典型的な昔からあるうつ病は、几帳面でまじめ、周囲の人との協調性もあるというような人に発症しやすいメランコリー親和型といううつ病で、抗うつ薬を服用することで徐々に回復します。

それとは別にここ数年増えてきた新型うつ病があります。

新型うつ病には何種類かのタイプがあり、メランコリー親和型とは違い抗うつ薬が効かないケースが多くあり、治療が長引きます。

新型うつ病には大きく分けて現実逃避傾向が強く、仕事の重責に耐えられず職場に復帰できなくなる傾向のある逃避型うつ病、仕事上の困難に耐えられず、職場の人とのコミュニケーションが取れない、自分のペースで生活できないと正常な精神状態を保てない現代型うつ病、社会に適応することができず挫折してしまい、周囲に対して攻撃性を持つ未熟型うつ病、社会や仕事からの圧迫に耐えられない、会社の上司や周囲に対して常に不満を感じている、無気力であるなど、逃避型うつ病と未熟型うつ病を併せ持つディスチミア親和型うつ病、過食、過剰な睡眠、倦怠感があり、依存症を併発する非定型うつ病があります。

 

メンタルケアには便利屋など利害関係のない相手と話すため、一緒に食事をすることなどが効果的です。

新型うつ病は発症してしまうと治療が長引き、なかなか職場に復帰できなくなってしまう人の多い病気です。

そのような事態になる前に、利害関係のない相手、ゆっくり話を聞いてくれる相手と話すことで、ストレスを解消することができます。

話をしたくても、友人や家族には言いたくないこと、言えないことも多いことと思います。

そのような場合には、便利屋を利用することも一つの方法です。

 

まとめ

現代の社会生活の特徴から、昔からあるうつ病に加えて、新型うつ病という治り難いうつ病を発症する人が増えてきました。

昔からあるうつ病は抗うつ剤などで比較的簡単に改善することができますが、新型うつ病は治療が難しいうつ病なので、そのような事態になる前に人と話す、心をリラックスさせるなどの方法でストレスを解消することが大切です。

東京23区で便利屋をお探しなら!