> >

剪定のやり方

bc60c226108db53730688ebcf34b8dda_s

 

庭木の剪定にはいくつかの方法がありますが、樹木の種類や季節、庭の環境に合わせて適切な方法を選んで剪定することが大切です。

 

剪定の必要性について

剪定は、樹形の美しさを保つ、樹木の生育や花つき、結実を調整するという目的があります。

剪定をせず、樹木を成長するままにしてしまうと、葉が茂りすぎたり、樹高が高くなりすぎたりして、敷地内の陽当たりや風通しが悪くなり、居住環境が低下する、樹木が病気になったり、害虫が発生したりする、花や実をつけなくなるというような状況になってしまいます。

季節ごとに剪定をして、庭木を姿良く、健康な状態に保って季節ごとにたくさんの花を咲かせたり実をつけさせたりいましょう。

 

枯れ枝 徒長枝、胴吹きなどの忌み枝は剪定鋏で切り落としましょう

忌み枝とは、不要な枝のことです。

何種類かありますので、全て切り取りましょう。

樹木を弱らせる忌み枝には、ヤゴやヒコバエと呼ばれている樹木の根元から出てくる細い枝、胴吹き枝や幹吹きと呼ばれている樹の幹から直接伸びた枝があります。

樹形を崩す忌み枝には、他の枝より長く伸びている徒長枝、枝同士がからみつくように伸びているからみ枝、幹の方向に向かって伸びた逆さ枝、複数の枝が平行に伸びた平行枝、他の枝と交差している交差枝、樹幹を中心に左右対称に伸びたかんぬき枝、横に伸びた枝から下方に向かって伸びた垂れ枝、横に広がらずまっすぐに伸びてしまった立ち枝があります。

陽当たりや風通しを悪くする忌み枝には樹幹に近い懐部分に出る懐枝があります。

病害虫の原因となる忌み枝には枯れてしまっている枯れ枝があります。

このような枝を選んで切り取ることで、樹木を良い状態に保つことができます。

 

枝を切る時には外芽を残すこと、太い枝を切った時は癒合剤でケアしてあげましょう。

剪定をする際には、枝の太さによって注意しなくてはならないことがあります。

細い枝の場合には、枝が外に向かって伸びるように、枝の外側についている芽を残すように切り取ります。

剪定バサミで切り取れないような太い枝を切る場合は、よく切れるのこぎりを使ってスパッと切り落とすようにしましょう。

一気に切り落とせず、枝の重みで生木を裂くような状態になってしまったり、切り口がギザギザになったりしてしまうと、樹木を傷めてしまいます。

太い枝を切った後は、癒合剤でケアしてあげましょう。

 

【まとめ】

剪定はやみくもに目についた枝を切り落とすと、樹形が悪くなってしまいますので、不要な枝を見極めて切り落とすようにしましょう。

 

剪定は樹形の美しさを保つ、樹木の生育や花つき、結実を調整するという目的があり、

剪定をしないと、敷地内の陽当たりや風通しが悪くなり、居住環境が低下する、樹木が病気になったり、害虫が発生したりする、花や実をつけなくなるというような状況になってしまいます。剪定をする際には、樹形を良くする為に不要な忌み枝を切り取り、外芽を残すこと、樹木を傷めない為によく切れる剪定鋏やのこぎりを使うことが大切です。

東京23区で便利屋をお探しなら!