> >

洗濯槽の掃除のコツ

87b3121e9d0dbb15aa02138c6e31b3c6_s

 

洗濯したタオルから嫌なにおいがする、洗濯機の中に黒いカビが生えてしまった、洗濯物に黒い汚れが付く、洗濯機を開けるとカビ臭いというようなことはありませんか?洗濯機は定期的に掃除をしないと、カビや雑菌が繁殖して、臭いを発生させてしまいます。

 

洗濯層のカビ取りは酸素系漂白剤プラスお湯(+クエン酸)→重曹→→お酢の順で!

洗濯機の汚れ具合によって、カビ取りや掃除に使う薬剤を変えます。

 

≪酸素系漂白剤≫

汚れがひどい場合、長期間洗濯槽の掃除をしていない場合は、酸素系漂白剤を使います。

その際、水よりもぬるま湯を使うとより効果的です。酸素系漂白剤には液状と粉状が市販されていますが、どちらのタイプでも大丈夫です。

洗濯層の最大水位まで水やお湯を張り、水10リットルに対して約100グラムの割合で酸素系漂白剤を投入し、洗いで洗濯機を5分程度回します。

すると、黒い汚れが浮き出てくるので、いらなくなったお玉などを使って取り除きます。その後は、2時間か6時間程度そのままにしておきます。

放置後、もう一度洗いで数分回し、浮いてきた汚れを取り除き、すすぎ→脱水→排水をし、洗濯層の底に残った黒い汚れをふき取り、最後に水位を一番高く設定して、標準コースで1階洗濯機を運転させて完了ですが、さらに念入りにしたい場合は、クエン酸を使って、もう1回洗濯槽の掃除をします。

 

≪酸素系漂白剤プラスお湯+クエン酸≫

手順は酸素系漂白剤を使った掃除と同じ方法です。

クエン酸は弱酸性で炭酸カルシウム系の水垢を落とす作用と除菌効果があるので、洗濯層の裏側にこびりついている水垢を取り除くことができます。

 

≪重曹≫

酸素系漂白剤は子供やペットが悪戯すると怖い、定期的に洗濯層の掃除をしているという場合には、重曹で洗濯層の掃除をしましょう。

重曹は弱アルカリ性で油汚れを落とす作用と消臭効果があります。

洗濯層の最大水位まで水やお湯を張り、カップ一杯の重曹を投入し、洗いで洗濯機を5分程度回し、一晩放置した後、再度5分程度洗濯機を回してから排水し、標準コースで1回洗濯機を運転して完了です。

 

≪お酢≫

お酢は酸性なので、アルカリ性の石鹸カスや水垢を落とす効果があります。

洗濯層の最大水位まで水やお湯を張り、500mlのお酢を投入し、洗いで洗濯機を5分程度回し、一晩放置した後、浮いてきた汚れを取り除いて再度5分程度洗濯機を回してから排水し、標準コースで1回洗濯機を運転して完了です。

ただし、洗濯機によってはお酢を使えない材質得作られている場合もありますので、洗濯機の取扱説明書を確認してください。

 

【まとめ】

洗濯機は洗濯が終わったら常に蓋を開けておくこと、洗濯機の中に洗濯物を入れておかないこと、定期的に洗濯層の掃除をする事が黒カビや洗濯物の嫌な臭いを防ぐ為のポイントです。

東京23区で便利屋をお探しなら!