> >

自力で蜂を駆除する方法

1aae94a00490c998015f4bd00936d5fc_s

 

危険性の高いキイロスズメバチやオオスズメバチ以外の危険度の低い蜂の駆除は、自力で駆除をすることもできますが、十分に準備をして駆除を開始しましょう。

 

自力で駆除できる蜂の条件…スズメバチ以外の蜂、巣の大きさが10センチ以内の巣、危険度の低い蜂の巣のみ

蜂の中でも攻撃性の低い蜂で、巣の大きさがまだ10センチに満たない場合には、自分で巣を駆除することができます。

駆除を始める前に、蜂の色や大きさ、巣の形態と大きさを観察し危険度の低い蜂であるか、危険性の高い蜂であるかを見極めることが大切です。

 

自力で駆除する場合に必要な道具…防護服・殺虫剤(護身用殺虫エアゾール剤ハチノック)・長い棒

全身を守る為の専用の防護服が必要ですが、頻繁に使用するものではありませんし、高価なので、自治体に問い合わせをして、貸し出しをしてもらえるなら貸し出してもらいましょう。

防護服は入手できなかった場合には、蜂を刺激しない白色で、厚手の生地、首や手首などが露出していないデザインの衣服を着用し、長袖の袖口に手袋をかぶせる、首筋にタオルを巻くなど、蜂が衣服の中に侵入できないよう工夫しましょう。

それに加えて、頭部と目をカバーする為には養蜂家が使用する防蜂ネットがベストですが、なければ、帽子とゴーグルを着用しましょう。

殺虫剤は護身用殺虫エアゾール剤ハチノックなどの蜂用のピレスロイド系薬剤を用意し、離れた場所から巣を落とせるよう長い棒も必要です。

 

蜂の巣の駆除は蜂の活動が鈍る時間、蜂が全部巣にいる時間に行いましょう

蜂の巣の駆除は蜂の活動が鈍る時間、蜂が全部巣にいる時間は、陽が落ちた後の時間帯です。

ある程度巣に近づいたら、殺虫剤を巣に向かって噴射し続けながら、棒が届く距離まで進み、棒で巣をたたいて、ゴミ袋をセットした補虫網の中に落とします。

ゴミ袋の中に落とした蜂の巣にさらに殺虫剤を吹き付けてしばらく放置し、蜂が飛び出さなくなったら、袋の口を閉じます。

蜂の巣を落とすのに失敗し、蜂が飛びだして来たら、静かに後退して逃げましょう。

大声をあげたり、むやみに蜂を振り払おうとしたりすると、余計危険ですので注意してください。

 

まとめ

危険性の低い蜂で、蜂の巣が10センチ以内であり、十分準備をした上であれば、自力で蜂の駆除をすることができますが、蜂の種類を見極めること、十分な準備をすること、適切な時間帯に行うことが大切です。安全に駆除したい場合は、専門家に依頼しましょう。

東京23区で便利屋をお探しなら!