> 杉並区の便利屋さん
杉並区の便利屋さんドント・ウォーリー受付センター

杉並区の便利屋さんドント・ウォーリーのサービス

ハウスクリーニングキャンペーン実施中! 杉並区の便利屋さん・ドント・ウォーリー

2017年9月3日 ハウスクリーニングをしてきました。 in 杉並区荻窪

こんばんは。ドント・ウォーリーです。今の今までハウスクリーニングをしていました。お風呂のカルキがとても頑固で苦戦しました。

杉並区の人口、建っている家の特徴、住んでいる人の特徴

東京23区の西部に位置する杉並区は、人口約562000人の人が生活をする街です。都心のベッドタウンとして古くから開発をされてきたエリアで、町には昔からの建物が多く残りレトロな雰囲気を醸し出しています。アパートやマンションなどの集合住宅より一戸建ての住宅数が多く、中には広々とした庭がある住宅も点在しています。このような土地柄であるため、65歳以上の高齢者の占める割合は杉並区全部の人口の約19.4%になっています。またこの中でも75歳以上の後期高齢者の数が65歳から74歳までの前期高齢者の数を上回っているのも特徴といえます。杉並区の平均収入は約508万円で、全国の市町村の平均収入と比較すると11番目に所得が高く、高所得者が多い地域です。

杉並区の駅・鉄道事情

杉並区の鉄道は、JR東日本や東京メトロが利用できます。JR東日本中央本線が乗り入れる高円寺駅は、1日の平均乗降者数が約49000人に上ります。周辺には杉並区の名前の由来になったお寺や区立の芸術会館があるなど、区の伝統や文化がたくさん残っています。さらに駅の北口・南口周辺には、昔からの規模が大きな商店街がたくさんあります。商店街の中に入るとぎゅっと店舗が詰まっており、1日の終わりにはたくさんの人で賑わい活気があるエリアです。規模はそれほど大きくはありませんが、大きな商業施設に引けを取らない活気があります。また環七通りや青梅街道などの基幹道路も走っています。JR東日本や東京メトロが乗り入れる荻窪駅は、1日に平均約166000人の人が利用しています。北口には規模が大きな商業施設や銀行があり、すぐ近くに基幹道路が通っています。南口には区役所や保健所・図書館などの公共施設がたくさん立ち並んでいます。

杉並区の福祉事情

75歳以上の後期高齢者人口が多い杉並区では、「あんしん協力員(ボランティア)」や「あんしん協力団体」によって高齢者が住み慣れた町で安心して生活が送れるように日常的な見守り事業を行っています。その他にも高齢者住宅の改修工事にかかった費用の一部が助成されたり、配食サービスや介護用品の貸し出しなども行われています。また一人で子どもを育てている家庭に対して、ひとり親家庭休養ホームやホームヘルプサービス・各種助成金の給付などを行っています。このような高齢者やその家族・ひとり親家庭の申請や相談の窓口として、地域包括支援センターや杉並区社会福祉協議会のささえあいサービス(有料)が設けてあり専門のスタッフが対応してくれます。

東京23区で便利屋をお探しなら!