> >

雑草対策の裏ワザ

e167b103e67b23e18db69b1f47b3d9c3_s

 

春から秋にかけては雑草がどんどん成長するので、困っている方も多いことと思います。

毎日のように庭をチェックしてこまめに根ごと引き抜くことが最も効果的ですが、それ以外に雑草対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

雑草対策のうちの除草作業には、雑草を抜く、除草剤を撒く、除草剤の代わりに塩水を撒くなどの方法があります。

庭のメンテナンスはまずは雑草対策からです。雑草対策には、除草作業と雑草予防対策があります。

除草作業は、根こそぎ引く抜く方法と雑草を刈る方法、除草剤を撒く方法があります。

このうち、除草剤は植栽などをしている場所には使えないので、ガーデニングをしているお宅では使えません。

また、正しい使い方をしないと健康に悪影響があるので、あまりお勧めしたくない方法です。

除草剤の代わりに塩水を撒くという方法や熱湯をかけるといった方法もありますが、塩水をかけてしまうと、その後その場所では草花が育たなくなってしまうので、植栽を作りたい場合には使えない方法です。

雑草を刈るという方法は、すぐにまた伸びてきてしまいます。

従って、最も効果的で周囲の植物や人体にも悪影響がなく、効果が上がる方法は雑草を根ごと引き抜くという方法です。

ただ、炎天下長時間雑草抜きをするのは大変な作業ですし、根ごと引き抜く力がない、根ごと引き抜くコツを知らないというような場合、土の表面に伸びている雑草をむしって終わりと言うようなことになりかねません。

雑草を退治するには便利屋に依頼して、徹底的に根から雑草を抜いてもらいましょう。

 

雑草対策のうち雑草予防対策には、防草シートと砂利、ウッドチップ、タイル張り、固まる土などがあります。

雑草は根こそぎとっても、またどこからか種が飛んできたり、野鳥が運んできたりするので、すぐに生えてきてしまいます。その為、除草した後には、防草対策が必要です。

最も手軽にできる方法は、防草シートを敷いた上に砂利を撒くという方法と、土を固める作用のあるセメントなどから作られている材料を土に混ぜ込む方法です。

防草シートに砂利を撒く方法と、土を固める方法を取った場合、防草効果は高いのですが、後でその場所に草花を植えることができなくなってしまうこと、見た目がおしゃれな雰囲気ではないというデメリットがあります。

その他、植栽スペースや鉢植えの土の部分から雑草が生えないようにする為には、草花の合間にウッドチップを撒く方法が効果的です。

タイルやレンガなどの床材を張るという方法は最も効果的な方法ですが、ある程度の予算を覚悟する必要があります。

 

【まとめ】

庭の雑草対策にはその後、草花を植える予定があるかどうかということと、どの程度予算をかけられるかということを考慮し、敷地内の雰囲気に調和する床材を選んで行いましょう。

東京23区で便利屋をお探しなら!