> >

床掃除のポイント

373eb51b07b6c381e7a9ca63e15818ee_s

 

床掃除は床に使われている建材に応じてする必要があります。

床を傷めず、きれいに保つ為に注意しなくてはならないことを確認しておきましょう。

 

フローロングのホコリ対策は床の木目に沿ってフロアモップをかけましょう。汚れがひどい時は中性洗剤を使います。

フローリングはホコリが舞いやすいので、毎日の掃除は掃除機よりフロアモップがおすすめです。

フローリングの間に埃が溜まらないように、床の木目に沿ってフロアモップをかけます。

食べこぼしなどの汚れがある場合は、固く絞った雑巾で床の木目に沿って水拭きをするとさらにさっぱりします。

 

ワックスがけのポイント

<床を乾燥させてから木目に沿ってかけ、塗終わった後も完全に乾燥させましょう>

ワックスがけをする前に、窓を全開にして風通しの良い状態にしてから、なにも付いていない普通のモップや雑巾を使って床の掃除をします。

化学モップや化学雑巾には薬剤が付いており、この薬剤がワックスに反応して塗むらのある仕上がりになってしまうことがあるので化学モップや化学雑巾は避け、なにも付いていない普通のモップや雑巾を使って床の掃除をします。

汚れがひどい場合には、固く絞った雑巾で水拭きをし、必ず完全に乾燥させてからワックスがけを始めましょう。

ワックスがけはワックス専用のモップにワックスをしみこませて、部屋の隅から木目に沿って行います。

床に直接ワックスをかけたり、モップに必要以上にワックスをしみこませたりすると、塗むらになってしまうので、説明書の指示に従って適量をつけるようにしましょう。

部屋全体にワックスを塗り終わったら、ワックスが完全に乾くまで風通しの良い状態を維持し、ワックスが完全に乾いたら、移動しておいた家具などを基の位置に戻しましょう。

 

落書きの落とし方

<落書きに使われた筆記用具に応じてクレンジングオイル、除光液、中性洗剤などを使い分けましょう>

クレヨンの落書きを落とす為にはアセトンフリーの除光液が効果的です。コットンに除光液をつけてふき取ります。

油性のマジックの落書きには中性洗剤や液体クレンザーをつけたスポンジでこすって落としますが、それで落ちない場合は、除光液でふき取りましょう。

ボールペンの落書きにはメイク落としに使うクレンジングオイルを浸したコットンやスポンジでこすり取りますが、それで取れない場合は水を浸けたメラミンスポンジを使いましょう。

 

まとめ

日常的な床掃除は、乾いたモップや雑巾で乾拭きをするだけできれいになりますが、汚れがひどい場合は、水拭きや化学モップ、化学雑巾を使います。

ワックスをかける場合は、かける前に床掃除をし、乾燥させてからワックスがけをしましょう。

東京23区で便利屋をお探しなら!