> 横浜市の便利屋さん
横浜市の便利屋さんドント・ウォーリー受付センター

横浜市の便利屋さんドント・ウォーリーのサービス

ハウスクリーニングキャンペーン実施中! 横浜市の便利屋さん・ドント・ウォーリー

横浜市の人口、建っている家の特徴、住んでいる人の特徴

横浜市は、神奈川県の中では東部に位置していて、神奈川県の県庁所在地になっています。その面積は約437平方キロメートルあり、その中には約370万人の人々が生活しています。横浜中心部は、デートスポットにもなっているように様々な商用施設などが立ち並び、多くのショッピング客が訪れるエリアですが、少し郊外に離れると東京近郊の典型的なベットタウンなども広がっていて、人口もまだ増加中です。横浜市に居住する人の年間収入は約596万円で、日本全国のサラリーマンの平均年収を大きく上回っています。比較的優雅な生活をしている人が多く、その表れとして、横浜中心部から東京方面の東横線沿いなどに高級住宅街が広がっています。

横浜市の駅・鉄道事情

横浜市の中心地的な存在として横浜駅を挙げることができます。JR横浜線・横須賀線・東海道本線・京浜東北線のほかにも、みなとみらい線や京急本線などの鉄道を利用することができ、さまざまな方面に快適なアクセスが可能です。周辺には、大型の百貨店やショッピングモールが多数立ち並んでいて、週末などには多くのショッピング客でにぎわいを見せます。すぐ近くには、臨港パーク、みなとみらいなどもあり定番のデートスポットにもなっています。横浜市の中には、新幹線の停車駅である新横浜駅があります。近年周囲はビジネス街としての発展を見せていて、多くのサラリーマンの行きかう街となっています。それに伴い、飲食店なども進出するようになりました。また、ラーメン博物館があることでも有名です。すこし北方面に歩くと新横浜公園があり、サッカーの大会が開催される日産スタジアムなども園内にあります。園内にはテニスコートや野球場、一般のサッカーコートなどもありスポーツを行うこともできます。

横浜市の福祉事情

横浜市では、「横浜市福祉のまちづくり条例」を施行して、建築物全般の整備基準の見直しや、子育て世代に配慮した設備の基底、共同住宅の基準の見直し、道路・公園・公共交通機関の施設の整備基準の整理、適合証と表示板のデザイン変更などを行っています。特に、公共機関などのバリアフリー化などに力を入れています。また、子どもについては、定期健康診断の充実や、予防接種の実施など健康関係に特化して対策を行っています。高齢者については、特別養護老人ホームの拡充を行うことにより、高齢者の安心して住める環境の提供や、70歳以上の人に「敬老パス」の発行することにより、高齢者が積極的に外出などが行える環境を整えて高齢者の生きがいづくりへと貢献しています。

東京23区で便利屋をお探しなら!