> >

女性スタッフの引越しのメリット

女性スタッフ

 

 

女性の一人暮らしでの引越の場合、男性スタッフに部屋に入られることに抵抗を感じる人もいらっしゃることと思います。

そのような場合には、女性スタッフだけでという条件で引っ越しを依頼することができます。

 

下着などを見られたくないと感じる1人暮らしの女性には安心感のある女性スタッフの引越サービスがあり、ハンガーケースへの詰め込みなどを手伝ってもらえます。

引越しをする際に荷造りが全て完了した状態で運び出しをしてもらうだけというような場合であっても、男性スタッフに部屋に入られたくないと感じる人がいます。

荷物の梱包も引越しのスタッフに手伝ってもらう場合には、さらに抵抗があることと思います。

とは言っても、一人暮らしの女性が家具などを分解し、荷物を全て梱包しておくのは無理なことが多いので、どうしても梱包の段階から引っ越しスタッフを依頼することになることが多いのではないでしょか?

タンスやクローゼットの中の衣服や下着を段ボールやハンガーケースへの移し替え、食器の梱包、組み立て家具の分解など、やらなくてはいけないことはたくさんあります。

このような時には、プライベートな品物の梱包も安心して任せることができ、きめ細やかな作業をしてくれる女性スタッフに手伝ってもらうようにしましょう。

 

女性スタッフだけの引越しのデメリット

女性スタッフだけの引越しは、一人暮らしの女性にとって安心感がありますが、デメリットもあります。

一つは料金が割高になるということです。

女性スタッフは男性スタッフと比べるとどうしても力が弱いので、スタッフの人数を増やすことになってしまうからです。

もう一つは同じ理由で、男性スタッフの作業時間よりも引っ越し作業に時間がかかるということです。

女性スタッフだけの安心な引越をする為には、ゆったりしたスケジュール調整が必要です。

 

新居での安全を確保する盗聴器発見サービス

引っ越しを依頼する際に、盗聴器発見サービスを一緒に依頼することができます。

これは引っ越しスタッフが、荷物を運びこむ前に室内に盗聴器が仕掛けられていないかどうかを確認してくれるというサービスです。

盗聴器が仕掛けられていた場合、電気工事技師など、資格を持ったスタッフが取り外しをします。

 

【まとめ】

1人暮らしの女性が引越しをする際に男性スタッフに部屋に入られたり、梱包を手伝ってもらったりすることに抵抗がある人には、女性スタッフだけの引越しを依頼することができますが、女性は男性ほど力がないので、スタッフ数が増えて料金が割高になる、作業時間が長くなるといったデメリットもあります。

女性スタッフだけの引っ越し作業を依頼する場合は、引越当日のスケジュールは余裕を持って組むようにしておくと安心です。

東京23区で便利屋をお探しなら!