> >

トイレ詰まり対策!

4c63c81537d636e44448d1da9c268044_s

 

トイレが詰まって、水が溢れてしまうと、床に沁みたりして大変なことになってしまいます。そんな時に備えて、応急処置ができるようにしておきましょう。

 

ティッシュペーパーの流しすぎに注意!配水管が詰まってしまったらラバーカップを排水口に押し付けてみましょう。

大量のトイレットペーパーやティッシュペーパーを流してしまうと、トイレが詰まってしまうことがあります。

特にティッシュペーパーは水に溶けないので、トイレに流すことは故障の原因となり危険です。

 

トイレが詰まってしまったら、ラバーカップを使って、応急処置をしてみましょう。

トイレの水が便器の上まで来てしまっている場合は、始めに灯油ポンプなどを使って、水位を低くしてから、汚水が飛び散るのを防止する為に、ラバーカップの柄を通したビニールシートで便器を覆います。

次にラバーカップを排水口に押し付け、一気に引きあげ、つまりを取ります。

つまりが取れたら、バケツの水をゆっくり流して、水が流れるかどうかを確認します。

つまりが直っていなかった場合タンクの水を流すと、便器から水が溢れてしまうので危険です。

 

ラバーカップを使ってもつまりが取れない場合は、専門業者に依頼しましょう。

ラバーカップを使ってもつまりが取れない場合は、トイレットペーパー以外の固形物、カギやボールペンなどが詰まっている可能性があります。

固形物はラバーカップではとれないので、かえってつまりの原因を押し込んでしまい事態を悪化させることになってしまいます。

ラバーカップを使ってもつまりが取れない場合は、速やかに専門の業者に依頼して修理に来てもらいましょう。

 

トイレの水がとまらなくなってしまったらフロート弁をチェックしましょう。

トイレの水がとまらなくなってしまった時は、まずトイレの水道の止水栓を止めてから、タンクの蓋を開き、フロート弁が外れていないか確認します。

タンクの水はフロート弁が開閉することによって出たりとまったりするのですが、フロート弁が外れていると水がとまらなくなってしまうのです。

正しく取り付けられているにもかかわらず、水がとまらない場合には、フロート弁が経年劣化で摩耗していることが原因なので、交換する必要があります。

フロート弁を正しく取り付けても水がとまらない場合は、専門の業者に依頼して交換してもらいましょう。

 

【まとめ】

簡単なつまりならラバーカップで応急処置ができるので、トイレが詰まってしまった時に備えて、応急処置の為にラバーカップを常備しておきましょう。

応急処置で直らない場合や、タンクの中のフロート弁が摩耗している場合には、早めに専門の業者に依頼して修理、交換してもらいましょう。

 

専門業者の選び方

トイレが詰まると使えなくなり、大変困ります。
無理して使うと水があふれ出ることもあり、集合住宅だと階下に損害を与えることもあります。
トイレ詰まりなどの水事故はそうあることではないので付き合いのある水道業者はいないのではと思います。
水事故で困った時にはあわてずに、評判の良い水道業者を探しましょう。
評判の良い業者を探すには、水道業者 評判サイトがオススメです。

東京23区で便利屋をお探しなら!