> >

畳の張り替えも便利屋さんに

ffac0bbf59ceb947183626a219e84be6_s

 

畳替えには、表替、裏返しという方法があります。

現在の畳の状態に合わせて、適切な方法で畳替えをします。

 

畳を構成するのは畳表・畳床・畳縁

畳は、畳の土台である畳床の上に表面の部分の畳表を重ね、畳の側面の畳縁で縫い留めてあります。

畳表はい草から作られています。

長いい草を密に織り込んだものほど上質な畳に仕上がり、経年劣化しても黒筋が入らず、明るい黄色に変わっていきます。

短いい草で織り込み密度の粗い畳は、経年劣化で黒い筋が入り、茶色に変わっていきます。

畳床には昔から使われている稲藁を何重にも重ねて作られた稲わら畳床、軽量で保湿性の優れた稲わらの間にポリスチレンフォームやインシュレーションボードを挟んだ稲わらサンドイッチ畳床、稲わらを使用せず、建材だけで作られている建材畳床という3種類の畳床があります。

化学繊維、綿、麻、絹などの素材を使って作られている畳縁は畳を保護する働きをする部分で、インテリアに調和するよう、さまざまな色やデザインがあります。

 

 

新畳とは

新畳とは畳替えをする際に、劣化が進んで畳床の状態が良くない場合に、畳を全て新調することです。

畳床が劣化すると、弾力性がなくなり、凹凸が目立つようになるだけではなく、ダニやカビが発生するなど清潔な状態を保てなくなる為、新畳に新調します。

 

 

表替とは

表替えとは、まだ畳床が良い状態である場合に、畳表と畳縁を新しくする畳替えの方法です。

畳替えの作業は、回収した畳を加熱処理し後、畳表を剥がし、畳床を裏返して、新しい畳表を張り付け、畳縁を取り付けるというものです。

 

 

裏返しとは

裏返しとは、畳床の状態が良く、畳表にしみや焼け焦げなどの汚れがない場合に、畳床と畳表を再利用して畳替えをする方法です。

裏返しの作業は、回収した畳を加熱処理し後、畳表を剥がし、畳床を裏返して、再度畳表を張り付け、新しい畳縁を取り付けるというものです。

 

 

畳の張り替えは畳屋さん以外にも便利屋さんに依頼もできることをご存知ですか?

最近では、近所で畳屋さんを見かけなくなったという方も多いのではないでしょうか?

そんな時には、便利屋さんに依頼して畳の張り替えをしてもらいましょう。

 

 

まとめ

畳は5年以上使うと、紫外線や足裏との摩擦などで次第に劣化してしまいますので、良い状態を維持する為には折を見て畳替えをする必要があります。畳替えの方法には、全て新調する新畳、畳床は残して畳表だけを新調する表替えし、畳床と畳表を再利用して張り替える裏返しという3種類があります。

東京23区で便利屋をお探しなら!