> >

退去時の掃除

退去時の掃除

 

賃貸しのマンションやアパートから引っ越しをする際に、部屋の状態によっては敷金を返してもらえなかったり、借りた時の状態に戻すためのリフォーム料金を請求されたりすることがあります。

 

敷金の返還条件は、通常の生活ではできないような損傷や汚れがない事なのでハウスクリーニングは基本的に必要ありませんが、現実は入居者負担になることも…

基本的に、紫外線などによる壁紙や畳の褪色、冷蔵庫などの家電を設置していた場所の裏側の壁にできた電気焼け、エアコンを設置する為に開けられたビス穴、エアコンを設置していた壁の周囲の汚れ、家具を置いていたためにできたカーペットのへこみなどは、丁寧に清潔に暮らしていてもおこってしまう経年劣化なので借主が負担する必要はありません。

従って、経年劣化に褪色やカーペットのへこみなど以外に目立った汚れや損傷がなければ、敷金は返還してもらえます。

ただし、入居時の契約書に、ハウスクリーニング代は敷金から差し引くという特約が設けられていた場合には、ハウスクリーニングの料金が敷金から差し引かれてしまいます。

特約の中には、壁紙の褪色やカーペットのへこみなどの通常の損耗分であっても壁紙の張り替え、カーペットの交換などをして修復する、網戸、カギ、ガス器具などの設備器具を交換するといった賃借人にとって大きな負担となるような内容のものがあり、このような特約は消費者契約法によって無効になる場合もありますが、ハウスクリーニングの特約はほとんどの場合無効とは認められず、入居者負担になってしまいます。

契約時にハウスクリーニングについての特約をしっかり確認しておくことが、退去時のトラブルを避ける為には大切です。

 

換気扇やキッチンの天井の油汚れ、浴室の水垢やカビ、結露を放置してできた窓枠やサッシの隙間カビは、入居者が負担しなくてはなりません。

日常的に掃除をしていれば防げたはずのキッチンの油汚れや浴室のカビ、結露に注意していれば防げたはずのカビやシミ、タバコによる壁や天井のヤニ汚れ、窓ガラスのヒビ、壁や床に重い物を落としたり、ぶつけたりしたことでできた傷などは全て入居者が負担しなくてはなりませんので、床や壁の傷、窓のヒビなどは仕方ありませんが、キッチンや浴室の掃除を退去時までにしっかりしておくことで、敷金の返金率をあげることができます。

 

【まとめ】

貸借物件から退去する際には、通常の生活での経年劣化は敷金から差し引かれる料金の対象にはなりませんが、換気扇の油汚れや浴室のカビや水垢が目立つようであれば、退去前にきれいに掃除しておきましょう。

東京23区で便利屋をお探しなら!