> >

スズメバチの駆除

3db599f22f619deabc442b391b6be484_s

 

スズメバチは蜂の中で最も獰猛で、人間に危害を与えます。

予備知識を持たないで駆除することは非常に危険です。

スズメバチを見つけたら、保健所や専門家に相談することが大切です。

 

危険なスズメバチの種類

スズメバチにはスズメバチ属のオオスズメバチ,キイロスズメバチ,コガタスズメバチ,ヒメスズメバチ,モンスズメバチ,チャイロスズメバチ、クロスズメバチ属のクロスズメバチとシダクロスズメバチなどがいますが、全てが危険なスズメバチという訳ではありません。

非常に危険なスズメバチも、無害なスズメバチもいます。

 

危険なスズメバチは、キイロスズメバチとオオスズメバチです。

キイロスズメバチは黄色~オレンジ色の小型のハチで、軒下や樹木、屋根裏、破風板、コンクリートの裂け目などに1週間程度の短い期間で大きな巣を作る攻撃性の高い危険なスズメバチです。

オオスズメバチは大型で胴体部分が黄色と黒の島、頭が黄色~オレンジ、黒い羽で、倒木や地面に巣を作る強い毒と高い攻撃性を持つ危険なスズメバチです。

キイロスズメバチとオオスズメバチ以外のハチは、巣に刺激を与えない限り、人間を攻撃してくる危険は極めて低いスズメバチです。

例えば、ヒメスズメバチは屋根裏や戸袋に底の部分が空いた巣を作る胴体部分が黒、羽が黄色い鉢で、おとなしく、人間を刺したりすることはありませんし、コガタスズメバチは軒下や庭木に巣を作るキイロスズメバチより大きい黄色と黒の縞模様の攻撃性は低いハチです。

 

駆除費補助制度…市町村によっては自治体が無料で駆除、又は防護服を保健所から借りられる

スズメバチ対策として駆除費補助制度を導入している自治体では、市町村によって無料でスズメバチの駆除を請け負う、保健所から防護服を貸し出すなどの方法で、スズメバチ駆除の補助をしています。

スズメバチ駆除をしてくれる自治体には、東京都では大田区、小平市、北区、足立区、神奈川県では厚木市、茅ヶ崎市、大和市、鎌倉市、藤沢市、寒川町などがありますので、お住まいの地域の自治体に問い合わせしてみましょう。

 

スズメバチ駆除は、専門の業者や便利屋に依頼しましょう。

スズメバチにおとなしく攻撃性のないスズメバチもいますが、知識と観察力がないと危険なスズメバチとおとなしいスズメバチを見極めることができないので、危険があります。

安全の為に、スズメバチ駆除は、確実な知識と経験のある専門の業者や便利屋に依頼しましょう。

 

まとめ

スズメバチには、攻撃性の高い危険なスズメバチと、おとなしく人を刺すことはほとんどないスズメバチがいますが、知識と観察眼がないと危険なスズメバチを見分けることができないので、安全の為にスズメバチ駆除は、確実な知識と経験のある専門の業者や便利屋に依頼しましょう。

東京23区で便利屋をお探しなら!