> 墨田区の便利屋さん
墨田区の便利屋さんドント・ウォーリー受付センター

墨田区の便利屋さんドント・ウォーリーのサービス

ハウスクリーニングキャンペーン実施中! 墨田区の便利屋さん・ドント・ウォーリー

墨田区の人口、建っている家の特徴、住んでいる人の特徴

東京23区の東部にある墨田区は、人口約257000人の人が生活をする街です。一部地区では戦後からの古い木造建築の住宅が密集して建っています。一方で工場の跡地などを利用して、マンション建設などが盛んに行われています。墨田区の50歳以上の人口は全国の平均並みですが、0歳から40歳までが全国の平均を下回っており高齢化が進んでいるエリアです。さらに65歳以上の高齢者の数・約47000人に対し、15歳未満の人口は約24000人で、少子高齢化が顕著に表れています。墨田区の平均収入は、358万円でとなっています。全国の市町村の平均収入と比べると145番目で、年金生活を送る高齢者が多いことが一因として考えられます。

墨田区の駅・鉄道事情

墨田区には、JR東日本の総武快速線や東武鉄道の伊勢崎線が乗り入れています。錦糸町駅は、JR東日本や東京メトロが乗り入れています。1日の平均乗降者数は約199000人に上り、通勤や通学の足として連日多くの人たちが行き交っています。北口には商業施設が立ち並び、南口も駅ビルを中心に商業施設が立ち並び、東京東部の歓楽街として賑わいをみせています。東武鉄道伊勢崎線が乗り入れる東京スカイツリー駅は、1日に約108000人の人が利用をしています。周辺は東京スカイツリータウンが広がっています。東京スカイツリーを中心に、ショッピングセンターや水族館・プラネタリウム・企業のオフィス・大学の校舎などがあり、通勤・通学や観光客で連日たいへんな賑わいをみせています。伊勢崎線は「東京スカイツリーライン」と呼ばれ親しまれており、新しくできたこの路線のおかげで乗客は東京スカイツリータウンまで乗り入れることが可能になりました。

墨田区の福祉事情

少子高齢化が進む墨田区では、高齢者の自立支援のために補聴器の購入費の助成を行ったり、バリアフリーや手すりの取り付けなど住宅の改修にかかった工事費を20万円を限度として助成しています。その他にも福祉用具の貸し出しや食事の配達サービス・電話での安否確認・緊急通報システムなどを行っています。また要介護認定や墨田区独自の福祉サービスの申請・住宅の改修など専門のスタッフが相談に乗ってくれる地域包括センターがそれぞれの地域ごとに設置されています。墨田区では「福祉の町づくり」を推奨しており、高齢者を始めさまざまな人たちが安心して生活できる町づくり目指し取り組みを行っています。その一環としてユニバーサルデザインに配慮した町の整備を行っており、不特定多数の人が利用する施設など、バリアフリーの工事にかかった費用の一部を負担しています。

東京23区で便利屋をお探しなら!