> >

すぐに使える掃除術

4ab6df04122e10e3352cf37ba87d5052_s

 

毎日お掃除をしていても、いつの間にか普通のお掃除ではとれない汚れが溜まってしまい、ちょっと気が重くなったりしませんか?

普通の掃除ではとれない汚れを取る方法をご紹介します。

 

ぬめりをとる方法

排水口のぬめりは、ちょっとしたぬめりであれば、水を流しながらザラザラしたスポンジ得こするだけでとれますが、ぬめりが赤茶色に変色してしまっている場合には、重曹を使います。

排水口の中に生ごみ用のバスケットが付いているタイプの場合は、バスケットを取り外し、排水口の内側、バスケット、排水口の蓋に重曹をふりかけ、水を浸けたスポンジでこすります。

汚れがひどい場合は、重曹を洗い桶に入れ溶かし、汚れている部分に塗り、30分程度放置してから、スポンジなどでこすります。

重曹は薄めすぎると塗れないので、湿らせる程度~ドロドロの状態にします。

 

鏡の手垢をとる方法

鏡や窓ガラスの手垢は少し湿らせた新聞紙を使うと簡単に取ることができます。

汚れが取れたら、乾いたままの新聞紙で水分をふき取って完了です。

 

ワイシャツの襟汚れをとる方法

汗と皮脂でワイシャツの襟首が黄ばんでしまった場合には、襟首の部分をぬるま湯で濡らした後、台所用の洗剤を黄ばんだ部分に塗り、軽くもみ洗いした後、台所用洗剤を水で洗い流し、普段と同じ方法で洗濯をします。

汚れがひどく、黒ずんでしまっている場合は、台所用洗剤で揉み洗いをした後、酸素系漂白剤を溶かしたぬるま湯に30分程度つけて置きます。

 

シールの跡を取る方法

シールが張ってあった場所が、窓ガラス、冷蔵庫など、水を浸けることができる場所であれば、薄めた中性洗剤を含ませたテイッシュをシールの上に張り付け、ラップをかけて30分程度放置した後、シールの角を薄いステンレスの定規やクレジットカードなどで剥がします。

水を含ませておくことができない、壁や家具などであった場合は、ドライヤーの温風を当てて接着剤を柔らかくし、ドライヤーを当て続けながら剥がすときれいにはがすことができます。

温風は近づけすぎると、壁や家具を変色させてしまう恐れがありますので、20センチ程度離して充てるように注意してください。

 

パソコンのキーボードの汚れをとる方法

キーボードの掃除はパソコンの電源が落ちている時、デスクトップ型の場合はキーボードの電源をオフにしてします。

始めにクイックルワイパーなどで表面のホコリを取った後、キーとキーの合間のホコリを歯ブラシで取り、眼鏡ふきクロスなどに湿らす程度に薄めた中性洗剤をつけ、拭きます。

たくさんつけると、キーボードに水分がしみ込んでしまうので、濡らすというより湿らす程度にすることがコツです。

キーの間の汚れは綿棒を使ってとりましょう。

最後にしっかり乾拭きをしてください。

 

まとめ

通常の掃除ではとれない汚れが溜まってしまった場合には、それぞれの汚れに応じた方法で掃除をすることで、きれいにすることができます。

東京23区で便利屋をお探しなら!