> >

シンクの下から匂いが!

f61148e2e30693a903b02549f915a133_s

 

きれいに掃除をして水回りを清潔に保っているはずなのに、シンクの中から臭いが上がって来ることがあります。

このような場合には、臭いの原因に合わせた対策が必要です。

 

臭いの原因が配管とシンク下の接続口に隙間があった場合には、排水管穴埋め用のパテで解決できます。

排水ホースはシンクの下にある配水パイプと接続されているのですが、この接続口に隙間ができていると、下水の臭いが逆流してくるのを妨げられないので、シンクの下から臭いが発生してしまいます。

この隙間は、床下に設置されている排水ホースと排水パイプの継ぎ目にかぶせてある防臭キャップが地震などの影響で外れてしまっている、経年劣化して割れてしまっているというような原因が考えられますので、新しいキャップに付け替えるか、配管用パテで、隙間を防ぐことで臭いが上がってくることを防ぐことができます。

 

排水口に溜まった汚れが原因でシンク下から臭いがする場合は、重曹で掃除しましょう。

排水口に汚れやぬめりが詰まっていることが原因で臭いが発生することもあります。

その場合には割りばしなどを使って排水溝のゴミを取り除き、歯ブラシに重曹をつけて配水管の内部を磨いてから排水口に重曹を入れ、1~2時間おいてから熱湯を流します。

汚れがひどい場合には、熱湯を流す前に温めた酢をかけます。

シンク下の床や壁も重曹水で拭き掃除をし、完全に乾燥させましょう。

最後に重曹を容器に入れて置いておくと、消臭剤の代わりになります。

重曹は1ヵ月に1回程度は交換し、使用後の重曹は掃除に使いましょう。

 

カビや雑菌が原因でシンク下から臭いがする場合は、換気と漂白剤で解決しましょう。

シンク下からの臭いの原因には、換気の悪さから湿度が高まり、カビが発生したというケースもあります。

このような場合には、シンク下の扉を開けて除湿器や扇風機を使って風を通し、漂白剤で拭き掃除をしてから水拭きをしましょう。

漂白剤で解決しないほど臭いがひどい場合は、重曹をシンク下に撒き1日そのままにしてからふき取ります。

シンク下は湿気が高くなりがちなので、こまめに喚起することが大切です。

 

施行不良の時は管理会社へ

どの方法でも解決しない場合は施行不良である恐れがありますので、管理会社や施工会社に連絡を取り点検、修理をしてもらいましょう。

 

【まとめ】

シンク下の臭いは、原因に応じた対策で解決しましょう。

それで効果が感じられない場合には、配水管や接続口に原因があるので、シンク下の調査をして原因を突き止める必要があります。

東京23区で便利屋をお探しなら!