> >

剪定に必要な道具について

9525c2353013bc836aa2ad33b1c6b2bb_s

 

庭木の剪定をする為には、剪定する枝の太さや高さに応じていくつかの道具が必要です。

自分で庭木の剪定をする場合は、まず必要な道具を揃えましょう。

 

植木鋏(木バサミ)

木バサミとも呼ばれる植木鋏は直径1センチくらいまでの枝の剪定に最も多く使われるハサミで、目的の枝を切り落とす時に、周りの枝を傷つけないように工夫された蕨手という形をしています。

安い鋏は刃こぼれしてしまうので、ある程度の値段のものの中から、手に馴染みやすい鋏を選ぶと使いやすく、長く愛用できます。

 

刈り込みバサミ

刈り込みバサミは、両手で使う長い鋏で、生垣や、葉や枝を刈りこんで丸い樹形に仕上げる玉仕立て、段物仕立てなどの人工樹形仕立て、幾何学模様や、動物などの形に樹木を仕上げるトピアリーなどを刈りこむ時に使うハサミです。

刈り込みバサミを選ぶ時は、刃が厚く、刃渡り、柄が長いものが使いやすく、作業が楽です。

 

剪定ノコギリ

剪定ノコギリは、剪定ハサミでは切ることのできない太い枝を切る時に使う道具で、日曜大工などに使うノコギリとは違って樹木を傷つけないように先が丸くなっているタイプと櫛のようになっているタイプがあり、太い枝を切る為には45センチ程度の長さで目の粗い刃、細い枝を切る為には、25センチ程度で、の先端が細くなっている刃が向いています。

 

剪定バサミ

剪定バサミはグリップの部分にばねが付いているハサミで、力を入れなくても硬い枝や太い枝を切ることができます。

ただ、細かい調整しながら切ることはできないので、植木の職人さんは使わないハサミです。

 

 

ハサミ類の他に必要な道具

≪脚立≫

高い木を選定したい場合は、高枝切り鋏という伸縮性のある柄に長くてひものついている鋏を使う方法もありますが、繊細な手入れはできないので樹形を整え、きれいに仕上げたい場合は、脚立を利用します。

植木職人は、軽く、作業がしやすいので三角に組んだ丸太を丈の支柱で支えるタイプの脚立を使用しますが、ご家庭で使う場合には、安全の為にアルミ製の安定の良い脚立を使うことをお勧めします。

≪園芸手袋≫

扱いなれしないうちは植木バサミを使うと、血豆ができたり、皮膚がすりむけたりすること、鋏を持たない方の手で枝を支えるのでとげが刺さったりすることなどから、剪定をする際には園芸手袋を着用して作業をすることをお勧めします。

 

まとめ

庭木の剪定には植木鋏、人工樹形仕立てにする場合は、刈り込みバサミ、太い枝を切る時には剪定ノコギリ、見た目の良さにはこだわらず、早く楽に剪定したい場合は剪定バサミというように、用途と目的に合わせて鋏やのこぎりを使い分けます。

東京23区で便利屋をお探しなら!