> >

ペンキを塗るだけで家が新鮮に!

ペンキを塗るだけで家が新鮮に

浴室やキッチンなどの壁、部屋の出入り口の木枠など、室内のペンキ塗りなおし、ベランダの手すり、門扉、木製のフェンスなどのエクステリアのペンキの塗りなおし、住居の外壁や屋根の塗装などで、家の中も外見も、門まわりもきれいにリフォームすることができます。

 

外壁塗装や、室内の壁、エクステリアのペンキの塗りなおしを便利屋に依頼してきれいにリフォームしましょう

≪外壁や屋根の塗装≫

外壁や屋根は、日常的に紫外線、雨、風にさらされているので、塗料の種類にもよりますが、10年から15年経つと経年劣化が目立つようになり塗り替えをする必要が出てきます。

外壁塗装をしないでいると、見た目がくすんだ感じになるだけではなく、防水の耐久性が落ちるので、雨や湿気が外壁に浸み込み、外壁の表面にひび割れや反りが出たり、ひび割れから雨水がしみ込み、外壁の内部が腐食して、雨漏りや、断熱性が低下したりするとともに、腐食が家の基礎部分にまで及ぶこともあります。

また、外壁が汚れてくると、格安で屋根や外壁塗装をするという飛び込みの外壁塗装業者の営業が訪問してくることがあります。

多くの場合、このような業者に外壁塗装を依頼するのはお勧めできません。

なぜなら、飛び込み営業をする格安塗装業者は、質の悪い塗料を使う、塗り重ねをしない、足場代などを後になって請求してくるというようなことをする場合があるからです。

屋根や外壁の塗装は、塗る前に屋根や外壁を洗う、ひび割れを修復するなどの準備作業をしてから質の良い塗料を使い、下地強化剤を塗った後、中塗り、上塗りと重ね塗りしていく為、非常な手間と時間がかかりますが、業者によっては、格安にする為に質の悪い塗料を使う、重ね塗りをしないというような方法でコストを安くしていることがあるのです。

このような場合、1年もたたないうちに塗り直しが必要になってしまいます。

外壁塗装をする場合には、飛び込み営業してくるような外壁塗装業には依頼せず、こちらから依頼し、見積もりを出してもらってどこに依頼するか決めるようにすることが大切です。

 

≪室内や門まわりのリフォームもペンキ塗り直しで≫

室内の木枠や、浴室の壁などのペンキの塗り直しで、浴室や室内を明るい雰囲気にリフォームすることができます。

また、門扉やフェンスは外から見て一番初めに目に入る場所なので、きれいに塗装しておくことで、住居の印象もよくすることができます。

 

【まとめ】

外壁や屋根の塗装は丁寧な仕事をしてくれる業者に依頼すれば、10年以上塗り替えをしなくても済みますので、丁寧で誠実な作業をしてくれる業者を選ぶことが大切です。

東京23区で便利屋をお探しなら!