> >

パソコンを処分する時の注意点

c561d52a81b982d24f5890bd0205d95f_s

 

パソコンは、不燃ごみの収集や、自治体の不用品回収に対象にはならないので、パソコンメーカーやパソコンリユース企業、パソコンを購入した電器店で回収してもらう必要がありますが、回収してもらう際にいくつかの注意点が必要です。

 

HDDが稼働する場合のハードディスクのデータ消去の方法

…ハードディスクデータ消去ツール(物理フォーマットツール)・リカバリーデイスクを使う

パソコンを回収に出す際には、回収されたパソコン内のデータが何らかのトラブルにより流出して悪用されることを防ぐ為にパソコンの所有者が責任をもってデータを消去する必要があります。

パソコン内の消去したいファイルは削除(ゴミ箱に入れる)をしても、消去されているわけではないので、特殊なソフトウェアを使えば、呼び出すことができる為、完全にデータを消去してから、回収に出す必要があります。

ハードディスクのデータ消去の方法には、ハードディスクデータ消去ツールや物理フォーマットツール、リカバリーCDと言われるソフトウェアを使用して、データを消去することができます。

多くのパソコンメーカーから配布されていて、パソコンを購入した際に付属してくることが多いのですが、付属されていなかった場合や、紛失してしまった場合には、市販のハードディスクデータ消去用のソフトウェアを購入することができます。

もしパソコン本体が壊れて稼働しなくなっていても、他の稼働可能なパソコンにHDDを接続することで、これらのソフトウェアを使用すれば、データ消去をすることができます。

 

HDDが稼働しない場合のハードディスクのデータ消去の方法

…物理的に破壊する

パソコンが壊れて、HDDも稼働しなくなってしまった場合にはHDDを物理的に破壊する必要がありますが、この作業は専門技術が必要なので、専門の業者に依頼する必要があります。

 

自分ではできそうにない場合のハードディスクのデータ消去の方法

…データ消去サービスを使用し 証明書を発行してもらう

データ消去サービスとは、特殊な装置で電気的、磁気的に強磁界をかけてデータを消すことのできる専門の業者にデータの消去を依頼する方法です。

希望すれば、回収もしてもらえますし、データを消去したことの証明書を発行してもらうこともできます。

 

まとめ

データ消去の方法は、ソフトウェアを使う、HDDを物理的に破壊する、データ消去サービスを利用するという3つの方法がありますが、家庭でできる方法はソフトウェアを使う方法だけです。

パソコンは処分後、トラブルに巻き込まれない保証はないので、大事なデータの流出を防ぐ為に、完全にデータを消去する必要がありますので、自分では手に負えないと思った場合は、専門家に依頼しましょう。

東京23区で便利屋をお探しなら!