> 中野区の便利屋さん
中野区の便利屋さんドント・ウォーリー受付センター

中野区の便利屋さんドント・ウォーリーのサービス

ハウスクリーニングキャンペーン実施中! 中野区の便利屋さん・ドント・ウォーリー

中野区の人口、建っている家の特徴、住んでいる人の特徴

東京23区の西部に位置する中野区は、人口約323000人の街です。中野区は東京の中でも有数の住宅密集地です。主要道路沿線には中層から高層のマンションなどが建ち並んでいますが、ほとんどが一戸建ての住宅か底層の建築物が占めています。都心へのアクセスに優れていることや家賃などが比較的安いことから、20歳から30歳代の若い世代の居住人口がとても多い傾向にあります。65歳以上の高齢者が占める割合も区の人口の20%を切っており、それほど高くはありません。ただ若い世代の居住人数は多いですが流入・流出も多いため、昔からこの地域に住んでいる人はそれほど多くはありません。中野区の年間収入は約411万円で、全国の平均をやや上回っています。

中野区の駅・鉄道事情

中野区には、JR東日本の中央本線や東京都交通局の大江戸線などさまざまな鉄道路線が走っています。JR東日本や東京メトロが乗り入れる中野駅は、1日の平均乗降者数が約288000人に上り、区の中心駅として連日通勤や通学の多くの人たちで賑わいをみせています。北口(中野通り西側)周辺は、区役所や税務署などの公的機関や文化施設・商業施設が建ち並びます。また大学が複数あることから若者が多く、街全体に活気があります。北口(中野通り東側)は、商店街や中野ブロードウェイなどの商業施設が集積しています。南口はショッピングセンターやオフィスビルなどが並びます。東京都交通局や都営メトロが乗り入れる中野坂上駅は、1日に約108000人の人が乗降します。周辺には区役所の東部事務所や図書館・教育施設が集まっています。ハーモニースクエアや中野坂上セントラルビルなどの高層ビルが再開発を機に建ち、ビル内にはさまざまなオフィスが入っています。

中野区の福祉事情

中野区では今後増えると予想されている高齢者の生きがいづくり・健康づくりをサポートしています。60歳以上の高齢者を対象にグループごとに共同作業を行う高齢者農園や、月に1回高齢者会館などで国家資格を持った施術師がはり・灸・マッサージなどのサービスを行います。また加齢に伴って起こりやすくなる摂食・えん下機能の低下などの相談ができる「在宅療養(摂食・えん下機能)支援センター」があります。必要に応じて医師・歯科医師・看護師・理学療法士などが食べやすい姿勢や食事の形態など、個人の状況に応じてアドバイスやサポートをしていきます。中野区には社会福祉協議会が運営する「中野ボランティアセンター」があります。ボランティア活動をしたい人・受けたい人の両方の窓口として活動を行っています。

東京23区で便利屋をお探しなら!