> >

シングルレバー水栓の交換取り付け、修理方法

Dollarphotoclub_59120273

 

水栓の交換取り付けは、取り付けタイプによって異なります。

水栓には壁についている壁付きタイプと、台付きタイプがありますので、ご自宅の取り付けタイプに合わせて交換取り付けを行いましょう。

 

 

作業の前に水道の止水栓と元栓、給水給湯管を締めましょう

 

作業を始める前に、水やお湯が溢れるのを予防する為に水道の止水栓と元栓、給水給湯管を締めましょう。

水道の元栓は、敷地内の水道メーターの傍の地面、集合住宅の場合は玄関横のパイプシャフトの中にあります。

止水栓は台付き水栓の場合は洗面台やキッチンシンクの下、壁付き水栓の場合は壁の間から出ている脚部に付いています。

また、ネジなどをおとしてしまった時の為に、排水口には栓をしておきましょう。

 

 

ツーハンドルの混合栓交換の場合

 

ツーハンドルの混合栓交換の場合は、2つの穴の距離を測ってから新しいシングルレバー水栓を購入しましょう。

新しいシングルレバー水栓を購入する前に、古い水栓が付いていた2つの穴の距離と穴の直径を計り、そのサイズにあうシングルレバー水栓を購入しましょう。

 

 

壁付き水栓の交換取り付け

 

今ついている蛇口の取り外しはレンチでナットを緩め外してから本体も外します。

本体に続いて偏心管を外し、水漏れを防ぐ為に配管の内部の掃除をし、ゴミやシールテープを取り除き、新しい偏心管に新しいシールテープを引っ張りながら右回りに巻きます。

シールテープを張り終わったら偏心管を配管に右に回しながら並行に取り付けましょう。

次に本体を取り付け、ナットで締めます。

最後に止水栓を開け、水を流してみて水漏れが無ければ交換終了です。

 

 

台付き水栓の交換取り付け

 

スライドレンチと立カラン締めが必要です。

止水栓側のナットはスライドレンチで、本体側のナットは立カラン締めを使って順に緩め、給水管を取り外してから、本体を取り外します。

次に新しい混合栓を穴に差し込み、シンク下からパッキン、座金を取り付けてナットを締めてから、パッキン、逆止弁の順につけて給水水管と接続し、給水管、逆止弁の順でナットを締めます。

最後に止水栓を開け、水を流してみて水漏れが無ければ交換終了です。

 

 

シングルレバー水栓の交換や取り付け、修理方法は、水栓の取り付けタイプによって異なります。壁付き、台付きといった取り付けタイプに応じて交換、修理をしましょう。また、交換、修理の前には水が溢れるおそれがあるので、必ず止水栓や元栓を閉じておきましょう。

東京23区で便利屋をお探しなら!