> >

食洗機を取り付ける方法、取り外す方法

Dollarphotoclub_66667878

 

高圧水流で食器の汚れを落とし乾燥することのできる食洗機は、家事時間を短縮し、洗剤や水の使用量を減らすだけでなく、衛生面でも優れた性能を発揮しますが、いざ設置するとなると、工事が高価なのでは?賃貸住宅でもつけられるのか?など様々なことを考慮しなくてはなりません。

食洗器には、ビルトインタイプと据え置きタイプがあり、ビルトインタイプは専門の業者による工事が必要ですが、据え置きタイプは、ご家庭で設置でき、賃貸住宅でも使うことのできるタイプの食洗器です。

 

 

食洗機を取り付ける為には蛇口レバーにタイプに適応する分岐水栓が必要です

 

分岐水栓は、水栓を増やすための器具で、現在使用している水栓に適応する製品を選ぶことが重要です。

水栓には壁出しタイプの単水栓と混合栓、デッキタイプの単水栓と混合水栓があり、現在の水栓、取り付ける分水栓によって取り付け方が変わってきますので、現在使っている水栓のメーカーと型番を確認し、適応する分水栓を選んだ上で、説明書に従って正しく取り付けをしましょう。

そして作業を始める前に、必ず止水栓を閉じましょう。

止水栓は、水道のメーターボックスの中や、敷地内の止水栓ボックスの中、シンクの下にあります。

また、蛇口レバーを外す際には、水栓を回してしまわないよう気をつけましょう。

壁出しタイプの単水栓の場合は、ハンドルを外して、蛇口とハンドルの間に分岐水栓を取り付けます。

壁出しタイプの湯水混合栓の場合は、クランク部に分岐水栓を取り付けます。

カウンターに水栓が付いているデッキタイプで、シングルレバーの場合は、ワンホール用分岐金具を本体に組み込み、ハンドル混合栓の場合は、ハンドル部で分岐(外ネジタイプと内ネジタイプがありますので、タイプに合わせて選びます)、単水栓の場合はパイプ部で分岐します。

タイプに応じて分岐水栓を取り付けた後、食洗器の給水ホースに繋ぎ、排水ホースは、シンクの中に吸盤で固定します。

 

 

食洗器を取り外す方法

 

新しい食洗器への買い替えや、引越しなどで食洗器を取り外す際にも、作業を始める前に止水栓を閉じ、さらに水道の蛇口を緩めて、パイプ内の水を排出しておきましょう。

食洗器の給水ホースを分岐水栓から外します。

賃貸住宅で原状復帰をしなくてはならない場合は、分岐水栓を外し、分岐水栓を取り付ける前の状態に戻さなくてはならないので、分岐水栓の取り外しの際に、ネジなどの部品を保管しておきましょう。

 

 

据え置き型の食洗器は、工事をしなくても分岐水栓を取り付けるだけで設置する事ができますが、水栓の形によって分岐水栓の種類が異なり、分岐水栓の付け方も違いますので、メーカーと型番を確認して現在使用している製品に適応する対応を選びましょう。また、取り外した部品は、引っ越しなどで原状復帰をする際に必要になりますので保管しておきましょう。

東京23区で便利屋をお探しなら!