> 目黒区の便利屋さん
目黒区の便利屋さんドント・ウォーリー受付センター

目黒区の便利屋さんドント・ウォーリーのサービス

ハウスクリーニングキャンペーン実施中! 目黒区の便利屋さん・ドント・ウォーリー

中目黒駅・自由が丘駅・緑が丘駅・学芸大学駅・洗足駅・都立大学駅・祐天寺駅・駒場東大前駅のお近くにお住まいの方はぜひ便利屋ドント・ウォーリー目黒区受付センターをご利用ください!

目黒区の人口、建っている家の特徴、住んでいる人の特徴

目黒区は、東京23区の中でも西部に位置している東京都の特別区の一つです。約14.67平方キロメートルの小さな面積の中に、約277千人もの人々が居住している、比較的人口密度の高い地域です。目黒区内には、東京大学駒場キャンパスや、東京工業大学などがあるため、比較的大学生などの若い人々がマンションやアパートに居住しているのが目立ちます。街並み全体の様子としては、雑居ビル・マンション・アパート・戸建て住宅などが混在しています。比較的地価が高いため、戸建て住宅については広い庭などを確保している余裕はあまりありません。目黒区民に居住する世帯の収入の平均は673万円となり、日本全国のサラリーマンの平均年収と比較すると比較的高収入の人が多いです。

目黒区の駅・鉄道事情

目黒区の中では、最も都心側の東部に位置している中目黒駅では、東急東横線という鉄道を利用することができます。渋谷まで3分でアクセスできてしまう都心に近いエリアです。周辺には、中目黒GTタワーをはじめとして複数の高層ビルが立ち並び都会的な雰囲気があります。代官山も近いため、その高級住宅街の雰囲気も併せ持っています。北口側には「ライフ・中目黒店」という品ぞろえの豊富なスーパーマーケットもあり買い物環境も良好です。目黒区のほぼ中央には学芸大学駅があります。東急東横線を利用できますが、学芸大学は1964年に小金井市に移転してしまったため現在はありません。ガード下には「東急ストア」というスーパーがあり、周囲は商店街にもなっているので、駅周辺で全ての買い物ができてしまう快適に生活できるエリアです。近くには今では珍しくなった銭湯である「千代の湯」などもあります。他にもファストフード店やファミリーレストランも多数あり、外食もしやすいエリアです。

目黒区の福祉事情

目黒区では、こどもに関する福祉としては、児童手当・児童育成手当などを挙げることができます。また、子ども医療費助成制度により義務教育終了前までの子どもについて、医療費の自己負担額を区が助成してくれ、経済的に手厚いサポートを受けることが可能です。高齢者向けの福祉に関しても、ヘルパー等派遣サービス、介護・在宅支援サービス、公衆浴場サービスなど、様々な助成や援助を受けることが可能です。高齢者向けの医療についても、後期高齢者医療制度などを導入することにより75歳以上の後期高齢者の医療費の助成などが充実しています。更には、高齢者センターや老人クラブ、老人いこいの家などを設立することにより、高齢者の社会参加、生きがい作りに貢献しています。

東京23区で便利屋をお探しなら!