> >

照明の取り付け方法

06b5955b3585c9bc25b3a30ee32f841b_s

 

天井に照明を取り付ける方法にはいくつかの方法があり、見た目の印象や取り付け方の難易度がそれぞれ違います。

 

シーリングライトの取り付けに必要な引掛シーリング、引掛ローゼットの工事は電気工事士資格を持った専門家でなければできません。

天井に張り付いたようについているシーリングライトを取り付ける為には、天井に引掛シーリングや引掛ローゼットを取り付ける必要があります。

引掛シーリングや引掛ローゼットを取り付ける工事は、電気工事士法によって、電気工事士でなければ工事してはいけないことが定められていますので、取り付けをしたい場合は、専門の業者に依頼しましょう。

また、照明器具によっては、引掛シーリングや引掛ローゼットを変更しなくてはならない場合がありますが、交換も電気工事士の資格が必要です。

 

シーリングアダプターをつけて照明器具を交換する場合は工事不要なのでご家庭で交換できます。

照明器具を交換する際に、現在使っている引掛シーリングや引掛ローゼットに適応しないタイプの照明器具だった場合には、シーリングアダプターを取り受けることで、工事をせずに照明器具を交換することができます。

比較的簡単に蛍光灯や電球をLEDに交換することもできます。

 

ダクトレールは天井にペンダントライトやスポットライトを取り付ける為の器具で、複数の照明器具を好みの位置に取り付けることができます。

ダクトレールとペンダントライトやスポットライトの組み合わせは、部屋全体を照らすのではなく、部分的に照らすことができ、リモコンで明るさを調整できるので、部屋の雰囲気を演出することのできる照明器具です。

一般の家庭で使われているのは簡易取付けダクトレールというタイプで、角形シーリング、マルケイシーリング、フル引き掛けシーリングが付いている場合には、ドライバーを使って天井にダクトレールの取り付け器具をビス止めし、フル引っ掛けローゼット、又は埋込ローゼットが天井についている場合は、ローゼットについている耳の部分にあるネジ穴を利用して取り付けする為、天井に穴を開ける必要がないので、手軽に設置できます。

 

【まとめ】

天井に照明を取り付ける為には、引掛シーリングや、引掛ローゼットをつける必要がありますが、この工事は電気工事士の資格を持った専門家でなければできません。

すでに引掛シーリングや、引掛ローゼットが付いている場合で、照明器具に合わせる為に引掛シーリングや、引掛ローゼットを交換する場合にも電気工事士の資格が必要ですが、シーリングアダプターを取り付けると、引掛シーリングや、引掛ローゼットを交換せずに新しい照明器具に交換することができます。

また、最近流行しているダクトレールも、引掛シーリングや、引掛ローゼットが付いていれば、工事不要で取り付けることができます。

引掛シーリングが付いている場合には、ダクトレールをビスで天井に固定しますが、引掛ローゼットが付いていれば、耳の部分を使えるので、天井に穴を開けずに取り付けることができます。

東京23区で便利屋をお探しなら!