> 江東区の便利屋さん
江東区の便利屋さんドント・ウォーリー受付センター

江東区の便利屋さんドント・ウォーリーのサービス

ハウスクリーニングキャンペーン実施中! 江東区の便利屋さん・ドント・ウォーリー

江東区の人口、建っている家の特徴、住んでいる人の特徴

江東区の人口は、2015年6月12日に、23区では8番目となる50万人越えを記録しました。2015年10月1日現在の人口は、500,732人となっています。かつては工場などの多い地域でしたが、現在は住宅地が多くなっています。北部や中部の昔からのエリアは、一戸建てや、中高層のマンションや団地があり、いろいろな住宅が混在しています。南部の新しく開発された湾岸エリアは、高層や超高層の建物が目につき、未来都市のような印象です。収入については、総務省発表の統計資料をもとにした、2014年の平均所得は404万円台で、23区内でみると中くらいの位置となっています。また、都心が近いことや、再開発で利用できる土地や建物が増えたことから、移転してくる企業もみられ、区としての税収増も期待できます。

江東区の駅・鉄道事情

江東区には、JRや、都営地下鉄、東京メトロ、東武鉄道、ゆりかもめ、東京臨海高速鉄道と、多くの鉄道が走り、区内を網羅しています。駅の数は30近くにもおよび、乗り換えも便利で、都心や千葉方面へのアクセスが良い地域です。北部のメインとなる駅は、亀戸です。アトレやサンストリートのような大きな商業施設があり、一般の商店や飲食店なども多く、いつも賑わっています。亀戸天神など、寺社が多いのも特徴で、合格祈願に来る人や、梅、藤、菊など、季節の花を楽しみに来る人、初詣や七福神巡りをする人などが訪れ、観光地としての顔もあります。南部で注目されているのは、豊洲です。キッザニアやユナイテッドシネマ豊洲の入る、アーバンドッグららぽーと豊洲が人気を集め、周辺に他の店舗も増えてきています。また、豊洲シビックセンターには、区役所の出張所や、文化センター、図書館などが入っているので、生活の便利さも増してきています。湾岸エリアの入り口的なポジションなので、乗降客も多くなっています。

江東区の福祉事情

江東区は、福祉サービスにも力をいれています。高齢者福祉については、見守り的な制度を充実させています。特徴的な高齢者サービスとしては、声かけ訪問があります。これは70歳以上の一人暮らしの人を対象にしたもので、週に3回程度、安否確認のために訪問し、乳酸菌飲料を手渡しして、一声かけるというものです。同じように、週に一度安否確認を目的に電話で話をするという、電話訪問のサービスもあります。また、高齢者緊急通報システムというものもあります。これは、慢性疾患等で常時注意が必要な65歳以上の、一人暮らしや高齢者のみの世帯、或いは日中一人になってしまう人を対象にしたもので、緊急時にペンダントのスイッチを押すだけで、電話回線を通じて、自動的に通報されるというものです。

東京23区で便利屋をお探しなら!