> 川崎市の便利屋さん
川崎市の便利屋さんドント・ウォーリー受付センター

川崎市の便利屋さんドント・ウォーリーのサービス

ハウスクリーニングキャンペーン実施中! 川崎市の便利屋さん・ドント・ウォーリー

川崎市の人口、建っている家の特徴、住んでいる人の特徴

川崎市の人口は、中原区を中心に増加しています。中原区の武蔵小杉駅前には、工場や事業所が広がっていましたが、それらが郊外に移転し跡地を再開発して大規模なタワーマンションが建設中です。東京都心部からの高収入の移住者も多く見られます。マンションとあわせて、ショッピングモールも整備されています。東京都心や横浜からのアクセスもよく、新たな川崎の名所となりつつあります。また内陸部の宮前区や麻生区も、今まで工事が困難であった丘陵地などを開発して、新しいマンションも建設され、入居者を迎えています。こちらのエリアも人口増に伴い、特に週末の道路混雑が多く発生するようになり、道路整備やバス路線整備も急務の課題となっています。

川崎市の駅・鉄道事情

川崎市の鉄道は、市を横断する南武線が運行されています。南武線は武蔵小杉駅で東横線、さらに武蔵溝ノ口駅で田園都市線と接続しており、東京都心や横浜方面のアクセスが良く通勤通学で混雑しています。特に東横線と田園都市線は、今まで渋谷を起点にしていましたが、他の路線に乗り入れるようになり、埼玉県など新しいエリアへの移動が楽になりました。川崎と中原区の武蔵小杉は、今まで企業の工場や事業所がありましたが、それらが郊外に移転して、跡地に複合型のショッピングモールが建設され、特に週末多くの買い物客でにぎわっています。こちらの施設ではイベントも多く開催されて一日遊べるため、今まで都心や横浜方面に出ていた人も、こちらの施設で楽しんでいます。南武線には、快速電車も走るようになり、川崎から武蔵小杉への時間が短縮されました。麻生区と多摩区には小田急線で、新宿方面のアクセスが可能で、また多摩急行で千葉方面のアクセスが便利です。

川崎市の福祉事情

川崎市の福祉事業は、市の福祉課が中心となって熱心に取り組んでいます。特に近年、メンタルヘルスの問題を抱えた人のために講演会や互助会の活動も盛んです。高齢者へのケアも、高齢者向けの集合住宅の開所で対応しています。新しい施設のオープンで介護士など新たな雇用機会が生まれています。施設のオープンなどのハード面から、よりきめ細かなソフト面への移行時期になっています。宮前区の宮前平駅前にはスペースが設けられ、誰もが低料金で気軽に福祉サービスを受けられます。今までどちらかといえば、入院などで社会から隠してしまう方向性があったかもしれませんが、少しずつでもオープンに周囲の理解と協力を得るといった方向性が移行しています。

東京23区で便利屋をお探しなら!