> 板橋区の便利屋さん
板橋区の便利屋さんドント・ウォーリー受付センター

板橋区の便利屋さんドント・ウォーリーのサービス

ハウスクリーニングキャンペーン実施中! 板橋区の便利屋さん・ドント・ウォーリー

板橋区の人口、建っている家の特徴、住んでいる人の特徴

東京23区の北西部にある板橋区は、人口約547000人が生活をしている街です。高度成長期を機に大規模な工場開発が行われた板橋区は、それに伴い工業団地の建設も行われ、区内には都営住宅なども含め集合住宅が多い傾向にあります。区内の65歳以上の高齢者の数は約11万人で、区の人口の約20%となっており、高齢化率は全国の平均と比べるとそれほど高くはありません。しかし高齢者予備軍といわれる40歳から64歳までの数は約18万人に上っており、10年後・20年後から深刻な高齢化社会を迎えると予想されています。板橋区の年間平均収入は約376万円で、全国の市町村と比べると102番目になっています。区内には俳優や女優・アイドルなどの有名人も多く住んでいます。

板橋区の駅・鉄道事情

板橋区には、JR東日本の埼京線(赤羽線)や都営地下鉄・東武鉄道の東武東上線などが走っています。都営地下鉄三田線が乗り入れる板橋本町駅は、1日の平均乗降者数が約28000人に上り、周辺は銀行や医療機関が数多く立地しています。南方には帝京大学の学園都市があり、大学のキャンパスや医学部付属病院・高校などが建ち若者が多く活気があるエリアです。東武鉄道東上線が乗り入れる成増駅は、1日に約58000人の人が乗降しています。この鉄道の南側には平行に国道が走っており、地下には地下鉄成増駅があります。北口は1988年から計画的に再開発が行われ、商業施設や地域センターを含む「ACT」や図書館や郵便局・ハローワークなどを含む「アリエス」などの複合商業施設が建設されました。その他には美術館や郷土資料館などの文化施設や名所旧跡などがあります。南口には商業施設や古くからの商店街があり、比較的早い時期から人通りが多く繁栄しているエリアです。

板橋区の福祉事情

板橋区では今後迎える高齢化社会に向けて、高齢者が安心して住めるような町づくりを目指し、さまざまな取り組みが行われています。認知症サポーター養成講座を修了した人がいる事業所を「高齢者あんしん協力店」として登録し、認知症の人が店舗を訪れた時に対応するサポートを行っています。2007年時点で登録事業所数は280件を超え、行政と民間が一緒になって見守りを行っています。また60歳以上の高齢者を対象として、娯楽室や囲碁・将棋室・浴室などを備えた趣味やレクレーションを楽しめる施設があり、高齢者の生きがいづくりや仲間づくりを応援しています。その他にも高齢者など地域リハビリテーション事業や福祉用具の貸し出しなども行っています。

東京23区で便利屋をお探しなら!