> >

遺品整理とは

229c5fa58e3897a7cd1fdf58847c9913_s

 

遺品整理とは、亡くなった方の遺品を専門の業者が整理することで、遺族が依頼する場合もありますが、最近では自分が死んだ後の為に生前予約をする方も増えています。

一緒に暮らしている家族が亡くなり、自分たちではとても処分できない場合だけではなく、遺品整理には様々なケースがあります。

 

孤独死や突然の死など、様々なケースに対応する遺品整理士

一人暮らしをしていた方が亡くなった場合、遺品整理をする人がいないことがあります。

親族や家族がいても、遠く離れて暮らしているので遺品整理をすることができない場合もありますし、孤独死をしてすぐ発見されなかった、特殊な亡くなり方を下などの理由で、現場に足を踏み入れることができないというような場合もあります。

そのような状況の時に、専門的な知識を持つ遺品整理士が、故人への敬意、遺族への思いやりを持ちながら、民法の定めに従って遺品の整理をし、遺族にとって大切なものは遺族に、不要なものは処分するという作業をし、室内の清掃、遺品の供養をします。

処分した遺品の中に、家具や家電、服、バッグなど査定価格のつくものがあれば買取りをしてもらえます。

また、遺品の中に名義変更が必要な車やバイク、手続きが必要な保険証書や銀行の通帳などがあった場合には、必要な手続きもしてもらえます。

 

特殊清掃が必要な遺品整理

孤独死、事故死、自殺などで亡くなり、死後の発見が遅れた現場は、遺族は入れるような状態ではありません。

このような場合には、専門家による特殊清掃が必要です。

室内に血液が飛び散っている、虫が湧いている、腐臭がするなど、一般的な生活をしている人にとっては、想像することもできないような状況になっているからです。

特殊清掃の専門スタッフは、警察の立会いが終了した後、感染症の防止の為殺菌効果の高い消毒液を噴霧して室内を消毒した後、遺品整理をします。

貴重品や、遺族に渡し必要のある遺品は保管、不用品は処理する為に、運び出してから特殊清掃、殺菌、消臭作業をします。

汚れがひどい場合は床板や畳を外すなどのリフォームをし、徹底的な清掃と消毒、消臭を行います。

 

遺品整理の生前予約について

自分の死後、家族に争い事や迷惑をかけない為に、元気なうちに、意志と判断力がはっきりしているうちに生前に遺品整理の予約をする人が増えてきています。

遺品整理士に、死後の遺品整理の方法を伝え、先に料金を支払っておくことで、死後スムーズに遺品整理をしてもらえ、家族に楽をさせることができます。

 

まとめ

遺品整理は、個人の遺品を整理し、不用品を処分することですが、一緒に住んでいる家族が亡くなった場合にも、遠くに住んでいる為、家族が遺品整理に行けない場合にも、状況に応じて依頼することができます。また、最近では自分の死後の為に、生前予約する人も増えています。

東京23区で便利屋をお探しなら!