> >

トイレを綺麗に掃除するテクニックとは

Dollarphotoclub_88097564

 

トイレ掃除のポイントは、こまめに掃除をすることです。

家の中でも、特にトイレは汚れが溜まりやすい場所であり、汚れると掃除が大変になってしまう場所です。

こまめに掃除をして、いつもきれいで気持ち良いトイレにしておきましょう。

 

 

トイレを綺麗に掃除するテクニック…汚さないように気をつける

 

トイレを綺麗に掃除するテクニックは汚さないように気をつけるということです。

汚れが溜まる前に、すぐにふき取ることを習慣にしましょう。

 

 

トイレを綺麗に掃除するテクニック…定期的な掃除をすること、高いところから掃除をすること

 

目に見えない汚れが溜まっていくと、いつの間にか黒ずみや筋状の汚れが付いてしまいます。

目に見えない汚れが溜まりやすい場所は、週に1回程度の定期的に掃除をして目に見えない汚れを取り除きましょう。

また、トイレ掃除の際は、窓枠→洗面ボール→トイレットペーパーホルダー→便器→床というように、高いところから順に掃除をしていくと、きれいに仕上がります。

 

 

≪定期的な掃除で注意する汚れの付きやすい場所≫

  • 便器の内部 便器の内側にバクテリアが繁殖すると、ピンク色の汚れが付き、カビなどの微生物が繁殖すると黒ずみ、尿石が溜まると黄ばみが付いてしまいます。
  • 床と便座の裏側、ウォッシュレットの取り付け部分 小水が飛び散ってアンモニア汚れが付き、木製の床などではシミになってしまいます。
  • ドアノブ、ウォシュレットの操作パネル 人間の身体から出た皮脂汚れで、黒ずみが付きます。
  • 水栓金具や給水管 湿気や手洗い時に飛び散った水でサビが発生し、空気中のホコリが付着して汚れます。
  • 洗面ボール 石鹸カスと人間の手から出た皮脂、水道水に含まれている金属成分が混ざって陶器の表面がザラザラになってしまいます。

 

 

トイレを綺麗に掃除するテクニック…尿石による黄ばみを取る方法

 

尿石が溜まって、便器の内部の黄ばみが取れなくなってしまった場合には、トイレ用酸性洗剤を使って掃除をします。

始めに灯油用のポンプを使って水溜りの水位を黄ばみの位置より下げておきます。

次に酸性洗剤を黄ばみの部分にかけ、トイレットペーパーで覆って、湿布をしているような状態にし、汚れの程度に応じて30分から1時間程度放置した後、トイレットペーパーを取り除き、トイレ用のブラシや歯ブラシを使って残っている黄ばみをこすり取ります。

 

 

トイレを綺麗に掃除する為のポイントは、こまめに掃除をして汚れを貯めないことですが、汚れが溜まってしまった場合には、便器の内部の水溜りの水位を汚れた場所よりも下げ、酸性洗剤の湿布をした後、ブラシで汚れを削り取りましょう。

 

時には専門業者で徹底的に掃除

専門の水道業者に掃除を依頼すると清掃薬品や機械を使って短時間で新品のように綺麗になります。
どこに依頼すれば良いかは、水道業者 口コミサイトを見ると参考になる情報を簡単に入手できます。
口コミや相談、ランキング、対応エリアなどを参考にして良い業者を選択できます。

東京23区で便利屋をお探しなら!