> >

ゴキブリが出ない家にするためには

062991

 

ゴキブリが出ない家にするためには、今いるゴキブリを駆除することに加えて、ゴキブリが出る原因をつきとめ、その原因をなくすことが大切です。

 

ゴキブリが出る原因は、侵入経路となる穴ですので、穴をふさぐことが大事!

ゴキブリを駆除しても、新たなゴキブリが侵入してくれば、駆除しても意味がありません。二度とゴキブリに侵入されないようにする為には、新たなゴキブリを呼び込まないようにキブリの侵入経路を塞ぐことが重要な対策です。

ゴキブリの侵入経路として考えられるのは、配水管や換気扇などの為に、住居の壁に開けられている穴の隙間です。

台所にゴキブリが出現すること確率が他の部屋より高い理由はシンクの下に、ゴキブリが侵入する可能性のある穴の隙間がたくさんあるからです。

配水管を通すための床の穴、配水管を通すための流し台の穴、流し台と壁の隙間、配水管などをチェックし、隙間があれば、そこが侵入経路である可能性が高いと言えます。

配水管は、浴室やトイレ、洗濯機置き場にもありますので、それらの場所も隙間がないかチェックしましょう。

また、台所、浴室に設置されている換気扇から侵入してくることもありますので、フィルターをつけておきましょう。

 

化学薬品を使わないゴキブリ駆除剤の種類

 …重曹、ホウ酸ダンゴ、アロマ、ハーブ

≪重曹を使うゴキブリ駆除≫

重曹にはゴキブリを殺す効果があるのですが、そのままでは無臭なので、ゴキブリがよりついてきません。

その為、重曹と同量の砂糖を混ぜてゴキブリの通り道に設置しておきます。

≪ホウ酸団子を使ってゴキブリ駆除≫

ホウ酸にはゴキブリを殺す効果があるのですが、無味無臭なので、ゴキブリを誘引する効果のある臭いのするタマネギや砂糖などの材料を混ぜる必要があります。

手間をかけたくない場合は、市販のホウ酸団子が手軽です。

≪ハーブ・アロマを使ってゴキブリ駆除≫

小さなお子様やペットのいらっしゃる家庭では、誤飲の恐れがあるので重曹やホウ酸は危険です。

そのような場合には、ハーブやハーブから抽出したアロマオイルを使う方法もあります。

アロマオイルは、ハーブのままよりも星雲が濃縮されているので効果があがります。

コットンなどに浸み込ませたハッカ油をゴキブリの侵入経路に設置しておきます。

また、ハッカブラと水と、無水エタノールを混ぜて、台所などゴキブリが出やすい場所にスプレーするのも効果的です。

クミンやナツメグなど料理に使うハーブにも、多少はゴキブリを寄せ付けない効果がありますが、殺虫効果はありません。

また、甘い香りのするバニラなどのハーブは反対にゴキブリを寄せ付けてしまうので、注意が必要です。

 

まとめ

ゴキブリのでない家にする為には、ゴキブリを駆除することに加えて、シンク下の穴などゴキブリの侵入経路を特定し、塞ぐことが大切です。

ゴキブリの駆除には、重曹やホウ酸ダンゴが有効ですが、小さいお子様やペットがいるお宅では、誤飲などの可能性があり危険なので、ハッカオイルを使いましょう。

東京23区で便利屋をお探しなら!