> 千葉市の便利屋さん
千葉市の便利屋さんドント・ウォーリー受付センター

千葉市の便利屋さんドント・ウォーリーのサービス

ハウスクリーニングキャンペーン実施中! 千葉市の便利屋さん・ドント・ウォーリー

千葉市の人口、建っている家の特徴、住んでいる人の特徴

千葉市は千葉県西部の、千葉の中では経済的中心地となっている市です。その面積は約271平方キロメートルあり、その中には約967千人の人々が居住しています。東京都心部のベットタウン的な街並みも広がる地域なので、このエリアの人口はこの40年以上増加の一途をたどっています。街並みの雰囲気としては、千葉駅を中心としたエリアは、オフィス街なども立ち並ぶ商用地エリアが広がりますが、郊外に行くと住宅街エリアとなります。住宅街については海浜ニュータウンに代表されるような集合住宅群や、戸建て住宅の立ち並ぶ閑静な住宅街エリアなどが混在していてファミリー層が多く居住しています。千葉市に居住している人々の世帯収入は年間約360万円で、日本全国のサラリーマンの年収と比較すると少し下回っています。

千葉市の駅・鉄道事情

千葉市の拠点としては、千葉駅となります。JR総武本線、成田線、中央線特急などの鉄道や、千葉都市モノレールなどを利用することができます。駅の南口側には大きな百貨店があり、食料品からファッショングッズ、日用品など様々な品ぞろえがあります。また、家電量販店などの専門店なども点在していて、ショッピングのしやすい街ということができます。飲食店も豊富にあり、ファストフード店やファミリーレストランなど家族連れで利用しやすい飲食店が多いのが特徴です。少し東京寄りには、細菌ビジネス街として発展を見せている幕張駅があります。国際的な見本市会場となっている幕張メッセがあることで有名な地域です。その周辺にはオフィス街が立ち並ぶと同時に、それを囲むように戸建て住宅や集合住宅などの住宅街が立ち並び始め、人口の増加に伴い、千葉街道沿いには大型のショッピングセンターなども充実するようになり、生活しやすい地域になってきています。

千葉市の福祉事情

千葉市はファミリー層が多く居住していることもあり、子どもに対する福祉に力を入れています。千葉市の中の各区では、こども医療費に関する助成制度などを導入することにより、子どもを持つ家庭を経済的にサポートしています。また、保育園や保育所などの充実にも力を入れています。更には「健やか未来都市ちば」を合言葉として、健康政策にまつわる企画の立案や、休日・夜間の救急医療体制の整備なども行っています。高齢者福祉については、シルバー人材センターの設立や、ことぶき大学校の設立などに寄り、お年寄りの生きがいづくりと社会参加を促しています。また、緊急通報装置の設置や安心電話などのサービスを行うことにより安心して高齢者が生活できる環境を構築しています。

東京23区で便利屋をお探しなら!