> 荒川区の便利屋さん
荒川区の便利屋さんドント・ウォーリー受付センター

荒川区の便利屋さんドント・ウォーリーのサービス

ハウスクリーニングキャンペーン実施中! 荒川区の便利屋さん・ドント・ウォーリー

荒川区の人口、建っている家の特徴、住んでいる人の特徴

荒川区は、東京23区の東部に位置する東京都の特別区の一つです。尊面積は約10.16平方キロメートルあり、その中には約208千人の人々が居住しています。人口は1995年までは減少していましたが、それ以降増加の傾向に転じています。昼間人口は0.96倍で日中は他の区へ出勤や通学をしている人が多く、区のほとんどが住宅街で構成されていることを物語っています。このエリアは、古くから下町として栄えている地域で、昔ながらの戸建て住宅がひしめいている地域ですが、最近は再開発も進み高層マンションなども立ち並び始めています。荒川区に居住する人々の年間の収入の平均は約474万円で、日本全国のサラリーマンの平均収入を少し上回っています。

荒川区の駅・鉄道事情

荒川区のほぼ中央には、京成本線や地下鉄千代田線などの鉄道を利用できる町屋駅があります。周辺には、比較的若い人をターゲットとしたファッションブランドを取り扱うアパレルショップなどが入ったショッピングセンターや、ファストフード店、ファミリーレストランなどの飲食店もあります。商用施設を取り巻くように、昔ながらの戸建て住宅の街並みが広がっています。駅から少し東に歩くと、荒川自然公園があり、豊かな緑に囲まれて散策を楽しんだり、公園内のテニスコートや野球場などで思いっきりスポーツを楽しんだりすることもできます。また、荒川区の南部にはJR山手線を利用することができる日暮里駅があります。このエリアは下町情緒が味わえる街として、最近人気のエリアになっていて、住みたい街として挙がることも多く、高層マンションなども立ち並び始めています。このエリア一帯には、昔ながらの商店街が豊富にあり、昭和の雰囲気に包まれながら生活することができます。

荒川区の福祉事情

荒川区では、荒川区社会福祉協議会を設立することにより「安心して困ったのいえる町づくり」をスローガンとして、住みやすい街づくりに力を入れています。こども支援活動としては、「おもちゃ図書館子育て交流サロン」を開設することにより、乳幼児を対象として親子で楽しく遊べる場と、親同士での交流が行える場の提供を行っています。高齢者については「荒川区立荒川老人福祉センター」を開設することにより、満60歳以上の高齢者に対して生活や健康の相談窓口を設置しています。その他機能訓練や健康づくりの推進も行っています。積極的に困っている人を助けるために、誰でもがボランティアに参加しやすくする環境作りとして「荒川ボランティアセンター」などの開設も行っています。

東京23区で便利屋をお探しなら!