> >

雨樋の修理で困ったら

雨樋の修理で困ったら

雨樋は、詰まったり、壊れたりすると、家屋を汚したり、劣化させたりしてしまうので定期的な点検や修理が必要ですが、高いところにあるので便利屋に依頼して点検修理してもらいましょう。

 

雨樋に枯れ葉が詰まった、雨水が漏れているというような場合には、高所で危ないので、専門の業者や便利屋に依頼して修理してもらいましょう。

雨樋は雨水が家屋の壁に浸み込むことや、家屋の周辺の地面に屋根から雨水が直接落ちて溝を作ってしまうことを防ぐ為につけられています。

雨水が家屋の壁に浸み込んで外壁の内部を腐食させてしまうと、やがて構造部分まで腐食が進み、家屋自体が劣化してしまいますし、屋根から地面に雨水が直接落ちると、地面に溝ができて水はけが悪くなってしまいます。

雨樋の故障は、落ち葉や土や砂ぼこりが詰まっている、紫外線や、雨風の影響で経年劣化しているというような使用しているうちに故障してしまう場合と、雨どいの傾斜の角度が適切ではない、雨どいの継ぎ手の部分が正常に接着されていないというような構造上の不具合が原因で故障してしまう場合があります。

その為、定期的に点検しておけば、故障する前に手入れをする事ができるので、定期的な点検をするのも良い方法です。

実際に雨樋にゴミが溜まってしまい、雨どいが詰まってしまった場合には、屋根の下についている集水器から詰まったゴミを取り除き、試しに水を流してみて、つまりがなくなっているかということを確認しますが、ゴミをとっても水の流れが悪い場合は、竪樋の継ぎ手を外して、竪樋の中を針金に取り付けたスポンジやボール状にした雑巾を通してゴミを取り除きます。

また、軒樋に枯れ葉や風でとんできたレジ袋などが詰まっていることもありますので、軒樋の点検、掃除も必要です。

どの部分の点検や掃除も、はしごをかけて屋根近くまで上がらなくてはならないので、はしごに慣れていない人には危険な作業です。

また、雨どいの経年劣化がひどく、交換しなくてはならない場合には、専門の業者に交換工事をしてもらう必要がありますので雨樋の調子が悪い時は便利屋に依頼して、修理や掃除をしてもらいましょう。

 

【まとめ】

雨樋は、実際に雨漏りがしてしまった時に修理するよりも、定期的に点検や掃除をしておくことが大切です。

便利屋は修理だけではなく点検や掃除も請け負ってくれるので、台風の前などのタイミングで、点検や掃除を依頼するのも良い方法です。

東京23区で便利屋をお探しなら!