> 足立区の便利屋さん
足立区の便利屋さんドント・ウォーリー受付センター

足立区の便利屋さんドント・ウォーリーのサービス

ハウスクリーニングキャンペーン実施中! 足立区の便利屋さん・ドント・ウォーリー

足立区の人口、建っている家の特徴、住んでいる人の特徴

足立区は、東京都23区の東部に位置し、人口は約67万人(平成27年4月時点)の比較的大きな区です。約67万人のうち、約24千人が外国人です。人口は多いですが、区の面積も大きいため、人口密度は東京都内の他の区と比べてもそこまで高くありません。利便性の良い駅付近には分譲マンションが目立ちますが、駅から少し離れると他の区よりも区画の小さい一戸建てが多く立ち並んでいます。家と家の感覚が非常に狭く、密集していることも多いです。一方で、埼玉県との県境に近いエリアなどは、まだ畑や農家住宅も見られます。一部のエリアでは日雇い労働者が多く住んでおり、収入は他の区の平均よりも低所得者の多い区ともいえるでしょう。

足立区の駅・鉄道事情

足立区内の鉄道は、以前から東武伊勢崎線、千代田線がメインでしたが、近年つくばエクスプレス線・日暮里・舎人ライナーの2本の新線により飛躍的に区内の交通の便が良くなりました。区内の主要駅は北千住で、LUMINEやマルイもあるため、だいたいの買い物は北千住で間に合わせることができます。駅から徒歩5分ほどにある商店街は活気があり、飲食店も充実しています。北千住には5つの路線が乗り入れており、区外への利便性も良いですし、北千住から足立区各所へ行くバスも多く出ているので、区内の移動もスムーズです。東武伊勢崎線の西新井は東武伊勢崎線のみの運行ではあるものの、駅前にはイオン、徒歩10分弱でアリオもあるため、買い物・映画鑑賞などを楽しむことができます。また、つくばエクスプレス線・日暮里・舎人ライナーの開通により、今までバスでしか移動のできなかった足立区中央部、北西部のエリアの交通の利便性が劇的に向上しました。

足立区の福祉事情

足立区は障がい福祉事業にも力を入れています。東京都で助成金の下りる難病に関しては、申請が受理されれば都でケアしてくれる助成金の他に、毎月15,000円の手当(難病患者福祉手当)が足立区から支給されます。これは、東京都で助成金の申請が受理された後、支給月(4月・8月・12月)にその前の月分までの手当が指定の口座に振り込まれる仕組みです。これは足立区独自の取り組みで、どこでもこのような手当てを受け取れるわけではありませんので、区内に住んでいて難病で大変な思いをされている方などは、ぜひ一度区役所の障がい福祉課窓口へ相談することをお勧めします。助成金の申請は、申請書を提出してから受理されるまでに非常に時間がかかるものなので、難病と診断されたらその後すぐに大きな手術などの予定が無くても、まずは申請書を提出しておくことをおすすめします。

東京23区で便利屋をお探しなら!